スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わった

「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読み終わりました。
ああ、終わってしまったなあという感じです。
面白かったけど、何だか寂しい。

以下、ネタバレ…はあまりしないと思いますけど隠しておきます。

本書は最終巻だけあって、張り巡らされてきた伏線がまとまって、謎が明かされていくのですが。
昔に読んだものなので、綺麗さっぱり忘れていて、これは何だったっけー。
みたいなところが結構多かった…(^^;
時間があれば、また一巻から読み返したいと思います。
結末を知った今は、また違う読み方ができるでしょうし。

ハリー・ポッターとの出会いは…いつだったかなあ。
まだあまり売れてないころです。
書店で偶々「ハリー・ポッターと賢者の石」を見かけて、面白そうだと思って手に取ったのでした。
分厚いハードカバーでしたし、初見の作家、しかも外国ものはあまり買わないのですけど。
その時は何故か妙に気になって、さほど考えることもなく買って帰りました。

読んでみると、期待に違わず凄く面白い。
ちょっと子供向けなのかなと思っていたのですが、読み進んでいくと大人でも充分楽しめる。
後に売れて有名になった時、以前から知っていたということで少し嬉しくなったのでした(笑)
俗っぽいですけどね(^^;

一時はかなりはまっていて、大げさに言えば、これの続きを読むためにも頑張って生きていようとか思ったものでした。
しかし、巻が続いていくごとに、自分の中で多少初期の衝動とか衝撃は色あせてしまった部分はあります。
でもやはり最終巻まできて、ハリー・ポッターは結構自分の中で重要な位置を占めていたのかなと思いました。
そういうシリーズが終わってしまったことは、やっぱり一抹の寂しさを感じてしまいます。
永遠に続くものなど無いし、物語には結末が必要だと思うのですが。

これに限らず大好きな物語は、終わりが近づくといつも勿体無い、まだこの世界で遊んでいたいと思います。
RPGなんかだと、ラスト前にゲームをとめちゃったりもしました。
大抵は、それでも結末が知りたくて、一気に終わりまでいってしまいますが。
ハリー・ポッターの最終巻もそうでした。

その割には個々の単語やストーリーをはっきり覚えてないのですけれども…。
説明してくれと言われたら、できないと思います(汗)

まあそんな感じで、一つの時代が終わっちゃいましたね。
内容については論評はしません。
細かいところは色々あるのでしょうけど、とにかく面白かったです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ke-go

  • Author:ke-go
  • DDO、Diamondサーバをメインに、のっそりと活動中。
    SLでは友人とぼんやりしたり、微妙な物を作ったりして遊んでます。
    ウルティマオンラインは現在休止中…家腐っちゃったかも…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。